【5ステップで解説】ネット証券の口座開設の流れや必要書類を丁寧に解説

証券口座を開設するにあたり、「証券口座の開設の流れが分からない」「口座開設までの日数を知りたい」とお悩みではありませんか?

ネット開設の場合は、口座開設ページで個人情報を入力し、本人確認書類を提出すれば、数日で口座が開設可能です。

この記事では、ネット証券口座を開設する流れや、口座開設に必要な書類・日数を、以下の流れで説明します。

この記事をすべて読めば、ネット証券口座開設の手順や、口座開設時に必要な書類を把握できます。

1.ネットでの口座開設の流れ【簡単5ステップ】

ネットでの口座開設の流れは、以下の表の通りです。

ステップ やること
口座開設ページにて、住所や氏名などの情報を入力
個人番号確認書類、本人確認書類を提出
ログインIDとパスワードを入手
初回ログインを行い、初期設定の実施
取引開始

どのステップも非常に簡単なので、間違える心配もありません。それでは、一つずつ解説します。

1-1.口座開設ページにて、住所や氏名などの情報を入力

まずはネット証券会社の公式ページにアクセスします。口座開設ページを開き、ページの案内に沿って必要な情報を入力しましょう。

1-2.個人番号確認書類、本人確認書類を提出

次に個人番号確認書類・本人確認書類を提出します。書類をスマートフォンで撮影し、そのファイルをアップロードするだけなため、非常に簡単です。

そして、提出した書類をもとに審査が行われます。

1-3.ログインIDとパスワードを入手

上記の審査を通過すると、ネット証券会社からログインIDとパスワードがメールで送付されます。受け取り次第、開設した口座へログインできるようになります。

1-4.初期設定

ログインIDとパスワードを用いて、初回ログインを行い、出入金先の金融機関などを設定します。

1-5.取引開始

登録した出入金先の金融機関から、証券口座へ投資資金の振り込みを行います。上記で必要な手続きはすべて完了です。

次に、郵送による証券口座開設について説明します。

2.郵送での口座開設の流れ【簡単3ステップ】

郵送での開設方法は以下の3ステップとなります。

郵送による開設方法は、証券会社によって異なるため、SBI証券でのやり方を解説します。

ステップ やること
口座開設ページにて、住所や氏名などの情報を入力
必要書類を記入・郵送
ログインIDとパスワードを入手
初期設定

郵送での開設も容易ですが、開設までに1~2週間ほど時間を要するために、オンラインでの申し込みをおすすめしますそれでは、各ステップについて、以下で詳しく説明します。

2-1.口座開設ページにて、住所や氏名などの情報を入力

まずはネット証券会社の公式ページにアクセスします。口座開設ページを開き、ページの案内に沿って必要な情報を入力しましょう。

2-2.必要書類を記入・郵送

個人情報を入力すると、SBI証券から口座開設に必要な書類が、普通郵便で郵送されます。必要事項を記入の上、書類を返送ください。

2-3.ログインIDとパスワードを入手

郵送書類をもとに審査を通過すると、ログインIDとパスワードが郵送で送付されます。受け取り次第、開設した口座へログインできるようになります。

2-4.初期設定

ログインIDとパスワードを用いて、初回ログインを行い、出入金先の金融機関などを設定します。

補足:証券口座開設における「審査」とは?

口座を開設する際は、証券会社による審査が行われます。これは「申込者が国内に居住する本人であること」を確認するための工程です。マイナンバーと本人確認書類の提出を経て、申請者が本人であると判断されれば、審査通過となります。その他基準が設けられていることはありません。

ただし、信用取引口座開設の場合、審査にはいくつかの基準が設けられているため注意が必要です。たとえば、SBI証券で信用取引口座を開設する場合、以下のような基準があります。

・年齢75 歳未満の成人であること(未成年は開設不可)

※年齢75 歳以上の成人であっても、80 歳未満の場合は、別途申請いただくことでお客さまの投資経験、資力等によっては口座開設が可能な場合もございます。

・当社より常時連絡がとれること

・信用取引のルール、「信用取引口座設定約諾書」、「信用取引に関する覚書」、および「信用取引の契約締結前交付書面」を十分に理解されていること

・十分な金融資産や証券知識があること

・株式の投資経験があること

・当社に既に口座開設されていること

・登録金融機関業務に従事されていないこと

・金融商品仲介業を営んでいないこと

・金融商品仲介業務に従事されていない

・証券担保ローン(コムストックローン・SBI証券またはSBISL証券担保ローン)をご契約されていないこと

・FX株券担保サービスをお申し込みされていないこと

引用:SBI証券「信用取引口座の開設基準は?」

次に、証券口座を開設する際に必要な書類を説明します。

3.証券口座開設に必要な書類

ネット証券口座開設に必要な書類は、以下の2種類です。

  • マイナンバーが確認できる書類
  • 本人確認書類

それぞれについて、順に説明します。

3-1.マイナンバーが確認できる書類

証券口座の開設には、マイナンバーが確認できる以下のいずれかの書類(個人番号記載書類)が必須です。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード

証券会社は利用者の証券取引に係る税金の書類を作成し、税務署へ提出るするために、マイナンバーが必要なのです。

3-2.本人確認書類

以下の表で、利用可能な書類の一覧表をまとめました。

本人確認の際に利用できる書類 運転免許証
運転経歴証明書
住民基本台帳カード(写真付き)
パスポート
住民票の写し
各種年金手帳
各種健康保険証
印鑑証明書

必要な本人確認書類は、開設する証券会社によって若干異なります。たとえば、『SBI証券』や『松井証券』の場合、マイナンバーカードを本人確認書類として兼用可能です。そのため、他に必要な書類は特にありません。

一方、『GMOクリック証券』などの場合、マイナンバーカードに加えて別途顔写真付きの本人確認書類の提出が求められます。

「マイナンバーカード」「マイナンバー通知カード」いずれもお持ちでない方は、「マイナンバーが記載された住民票」を提出することで、個人番号の確認を行うことができます。ただしその場合は、郵送での手続きとなります。

証券会社 マイナンバーカード提出の場合 マイナンバー通知カード提出の場合
SBI証券 マイナンバーカードのみの提出で完了
※郵送の場合は本人確認書類提出が必須
+本人確認書類
※顔写真なしの場合、郵送の場合は確認書類2点が必須
楽天証券 +本人確認書類 +本人確認書類
松井証券 マイナンバーカードのみの提出でOK +本人確認書類
岡三オンライン証券 マイナンバーカードのみの提出でOK +本人確認書類
DMM株 マイナンバーカードのみの提出でOK +本人確認書類
ライブスター証券 マイナンバーカードのみの提出でOK +本人確認書類
GMOクリック証券 +本人確認書類 +本人確認書類
auカブコム証券 マイナンバーカードのみの提出でOK +本人確認書類
マネックス証券 +本人確認書類 +本人確認書類

証券口座を開設する前に、上記の表をもとに各社の必要書類の違い一度確認しておきましょう。

4.口座開設までに必要な日数

証券会社や本人確認書類の提出方法によって異なりますが、最短で翌営業日から取引が始められるようになります。

以下の表で、主要な証券会社の取引開始までの日数をまとめました。

証券会社 取引開始までの最短日数
SBI証券 翌営業日
楽天証券 翌営業日
松井証券 4日
岡三オンライン証券 翌営業日
DMM株 当日
ライブスター証券 約1週間
GMOクリック証券 2営業日
auカブコム証券 6営業日
マネックス証券 翌営業日

上記の表を参考に、口座開設までに必要な日数も併せて確認しておきましょう。

5.どれがお得?各社の口座開設キャンペーンを徹底比較【2020年12月最新】

ここからは、大手ネット証券会社が展開している新規口座開設キャンペーンを一覧表にしました。

証券会社 キャンペーン内容 特典内容 特典受け取り
全員 or 抽選
SBI証券 通常口座の開設に関するキャンペーンは無し    
楽天証券 通常口座の開設に関するキャンペーンは無し
松井証券 新規デビュープログラム

2020年7月1日(水)~
2020年12月29日(火)

松井証券ポイント200ポイント 対象者全員
岡三オンライン証券 通常口座の開設に関するキャンペーンは無し
DMM株 手数料1ヵ月無料 国内株式の手数料が1ヵ月無料 対象者全員
ライブスター証券 取引手数料無料(0円)キャンペーン 株式現物取引・ETFの取引手数料が約2ヶ月間(40営業日)無料 対象者全員
マネックス証券 Amazonギフト券
プレゼントキャンペーン
Amazonギフト券200円分 対象者全員

DMM株とライブスター証券のキャンペーン内容は魅力的ですが、いずれ手数料がかかることを踏まえると、キャンペーン内容で証券口座を選ぶべきではありません。

手数料やツールの使いやすさ、取り扱い商品の豊富さなどの観点で、証券会社を選択しましょう。

6.まとめ

証券口座の開設の流れについて説明しましたが、いかがでしょうか?

この記事のまとめとしましては、証券口座を開設する場合、以下の5ステップが必要となります。

  • 口座開設ページにて、住所や氏名などの情報を入力
  • 個人番号確認書類、本人確認書類を提出
  • ログインIDとパスワードを入手
  • 初回ログインを行い、初期設定の実施
  • 取引開始

口座開設の流れを把握して、スムーズに口座開設を終わらせましょう。