【全33社を比較】高齢者向け宅配弁当を常温・冷凍別にランキング形式で紹介

監修者

河瀬璃菜 りな助
(料理家・フードプロデューサー)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ/商品開発、コンサル、執筆、取材、イベント出演、撮影、店舗プロデュース等、食にまつわる様々な仕事をしている。

大手企業のCM広告やTV出演などその活動は多岐に渡る。

近年では地方活性化のための6次産業支援に力を入れている。

著書「神レンチン(文藝春秋)」などその他多数

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

高齢者向け宅配弁当の一番のおすすめを知りたいと思っていませんか?

結論、高齢者向けの宅配弁当で一番おすすめするのは「ワタミの宅食」ですが、安否確認の利用の有無や利用したいコースによって、あなたに最適な宅配弁当は変わる可能性があります。

この記事では、実際に30社以上の宅食サービスを利用した筆者が、味や料金などさまざまな項目を比較したうえで、一番おすすめの高齢向け宅配弁当を紹介します。

記事を読むことで、あなたに一番最適な高齢者向けの宅配弁当を知ることができます。

1.高齢者向け宅配弁当ランキング比較一覧表

高齢者向け宅配弁当も含めた全33社の宅食サービスを100点満点の評価でランキング付けし、比較表を作成しました。

なお、100点満点の内訳は下記のとおりです。

  • 味(30点)
  • 料金(30点)
  • メニュー数(20点)
  • 安否確認の有無(15点)
  • ボリューム(5点)

>>詳しい点数の基準はこちら

下記は、目的別に宅食サービスをランキング化した一覧表になります。

←横にスクロールできます→

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 31位 32位 33位
サービス名 ワタミの宅食
ワタミの宅食ロゴ正方形
ライフデリ
ライフデリロゴ正方形
コープデリ
コープデリロゴ正方形
まごころケア食
まごころケア食ロゴ正方形
宅配クック123
宅配クック123ロゴ正方形
まごころ弁当
まごころ弁当ロゴ正方形
ベルーナグルメ
ベルーナグルメロゴ正方形
ベネッセのおうちごはん
ベネッセのおうちごはんロゴ正方形
Dr.つるかめキッチン
ドクターつるかめメキッチンロゴ正方形
ナッシュ
ナッシュロゴ正方形
食宅便
食宅便ロゴ正方形
Dr.つるかめキッチン
ドクターつるかめメキッチンロゴ正方形
ミールタイム
ミールタイムロゴ正方形
食のそよ風
食のそよ風ロゴ正方形
ニチレイフーズダイレクト
ニチレイフーズロゴ正方形
ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングロゴ正方形
ワタミの宅食ダイレクト
ワタミの宅食ダイレクトロゴ正方形
FIT FOOD HOME
フィットフードホームロゴ正方形
おまかせ健康三彩
おまかせ健康三彩ロゴ正方形
タイヘイファミリーセット
タイヘイファミリーセットロゴ正方形
メディカルフードサービス
メディカルフードサービスロゴ正方形
わんまいる
わんまいるロゴ正方形
セブンミール
セブンミールロゴ正方形
やわらかダイニング
やわらかダイニングロゴ正方形
GOFOOD
gofood(ゴーフード)ロゴ正方形
スギサポdeli
スギサポデリロゴ正方形
マッスルデリ
マッスルデリロゴ正方形
ミールラボ
ミールラボロゴ正方形
ママの休食
ママの給食ロゴ正方形
からだ倶楽部
からだ倶楽部ロゴ正方形
おたるダイニング
おたるダイニングロゴ正方形
B-Kitchen
bkitchen(ビーキッチン)ロゴ正方形
あいーと
あいーとロゴ正方形
高齢者向け総合点
(100点満点)
76点 73点 72点 70点 70点 69点 65点 65点 62点 60点 59点 58点 58点 56点 54点 53点 53点 53点 52点 51点 49点 46点 45点 44点 40点 39点 38点 37点 35点 35点 34点 30点 23点

(30点満点)

26点

19点

24点

25点

23点

18点
💮
28点

22点

22点
💮
28点

24点

24点

19点

22点

25点

24点

22点

22点

24点

22点

17点
💮
28点

25点

19点

16点

16点

21点

21点

23点
💮
27点

23点

22点

18点
送料込みの
1食あたりの料金
(30点満点)

19点
616円
(まごころおかず)

23点
513円
(普通食)

22点
551円
(舞菜弁当)

24点
478円
(健康バランス)

22点
540円
(普通食)

24点
486円
(普通食)

21点
560円
(ほほえみ御膳)

21点
560円
(まいにち七菜)

17点
678円
(つるかめバランス栄養御膳)

17点
704円

20点
615円
(おまかせコース)
💮
28点
350円
(シンプルミール)

21点
580円
(ヘルシー食)

26点
426円
(プチデリカ)

15点
740円
(気くばり御膳)

16点
729円
(栄養バランス気配り宅配食)

20点
600円
(いつでも五彩)

21点
563円
(おかずプレート)

17点
698円
(おまかせコース)

16点
709円
(ヘルシー御膳)

15点
741円
(バランス健康食)

10点
889円
(健幸ディナー)

13点
800円
(日替わり弁当)

16点
729円
(ちょっとやわらかめ宅配食)

16点
706円

13点
811円
(ヘルシーバランス食)
×
3点
1,123円
(MAINTAIN)

12点
833円
(低糖質コース)
×
4点
1,094円
(ママ&ご家族の活力に)
×
0点
1,188円
×
4点
1,077円
(お手軽弁当)
×
1点
1,165円
(ダイエットコース)
×
1点
1,164円
(お弁当セット)
メニュー数
(20点満点)

12点
60種類

16点
80種類

14点
70種類

17点
84種類

12点
60種類

10点
50種類

12点
60種類

12点
60種類

20点
100種類

12点
60種類

12点
60種類
×
4点
18種類

15点
76種類
×
6点
30種類

11点
55種類

10点
50種類

8点
40種類
×
6点
30種類

8点
42種類

10点
49種類

14点
70種類
×
4点
20種類
×
3点
15種類
×
6点
30種類
×
4点
19種類

7点
35種類

10点
50種類
×
1点
7種類
×
4点
20種類
×
4点
20種類
×
2点
10種類
×
4点
20種類
×
1点
7種類
安否確認
(15点満点)
💮
15点

13点

8点
×
0点

10点
💮
15点
×
0点

5点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
×
0点
ボリューム
(5点満点)

4点

2点

4点

4点

3点

2点

4点

5点

3点

3点

3点

2点

3点
×
2点

3点

3点

3点

4点

3点

3点

3点

4点

4点

3点

4点

3点

4点

3点

4点

4点

5点

3点

3点
【参考】
栄養管理士の監修
× ×
やわらか食の有無
×
(地域により異なる)
×
ムース食のみ
×
(冷凍のみあり)
× × × × × × × × × × × × × × × ×
配送タイプ
冷凍、常温
常温 常温 常温 冷凍 常温 常温 冷凍 常温 冷凍 冷凍 冷凍 常温 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 常温 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍 冷凍
制限食の有無 ×
3種類

1種類

4種類

3種類

3種類
× ×
4種類
×
6種類
×
4種類
×
5種類

6種類
× ×
2種類

3種類

4種類
×
2種類(関東限定)
× ×
2種類
×
2種類
× ×
1種類
× ×
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る


さまざまな高齢者向け宅配弁当サービスを比較し、実際に注文してみた結果、一番おすすめの宅食サービスは「ワタミの宅食」ということがわかりました。

ワタミの宅食は味・料金などの総合点も高く、安否確認サービスも充実しています。

配達時になにか異変があった時には、市町村区の指定の連絡先に報告してくれるため、一人暮らしの高齢者方も安心です。

また、高齢者食宅配市場11年連続で売上シェアNo.1の実績があり、安心して利用できるのも強みです。

\1食分無料のキャンペーン中/
ワタミの宅食の公式サイトを見る

次章では、高齢者向けの宅配弁当の選び方を解説します。

>>次章の選び方を見ずに3章の「【配送タイプ別】高齢者向けの宅配弁当を紹介」までスキップする

2.【フローチャート図】高齢向け宅配弁当の選び方

高齢者向け宅配弁当は何を選べばいいかわからないという方向けに、選び方のフローチャート図を作成しました。

高齢者向け宅配弁当の選び方のフローチャート図

高齢者向け宅配弁当を選ぶポイントは下記の4つです。

以下で、それぞれのポイントを詳しく解説します。

安否確認の利用をするか

高齢者向け宅配弁当を購入する場合、まずは安否確認サービスの利用をするか決めましょう。

なぜなら、安否確認を利用するには、冷凍ではなく常温タイプの宅配弁当を注文する必要があるからです。

※安否確認とは?
安否確認とは、配達員の方がお弁当を手渡しでお届けするさいに、住居人の方になにか異変がないか確認することです。

宅配弁当は、常温か冷凍の配送タイプの違いによって配達業者が変わり、それぞれメリットデメリットがあります。

配達業者 メリット デメリット
常温 自社スタッフ ・安否確認ができる
・その日に作られたお弁当が届くため、食感がよい

・自社便配達なので送料が安い(0円~330円)
・配送エリアが限定されている
・配送時間が指定できない
冷凍 ヤマト運輸
(佐川宅急便)
・冷凍庫にストックができる
・全国に宅配できる(※一部離島などは不可)

・配送日時が指定できる
・安否確認や置き配ができない
・送料が高い場合がある(クール便のため)

冷凍便だと大手の配達業者が配達を行うことになるので、安否確認などの対応はしていません。

逆に、常温タイプのお弁当を注文すると、地域の店舗の方が手渡しで配達してくれるため、安否確認の利用が自然とできます。

もし一人暮らしの高齢者の方が、安否確認をしているサービスを利用していると、下記のような異変があった場合に、指定された連絡先に連絡してくれます。

  • 毎日顔を合わすのに今日だけ連絡もなしに不在
  • 郵便物が詰まっている

このような場合、家の中で倒れている可能性もあるので、離れて暮らしている家族も安心です。

なお、常温と冷凍のそれぞれのメリットデメリットを詳しく知りたい方は、本記事で記載している下記の場所へ移動しましょう。

次項からは、選ぶコースについて解説します。

やわらか食を利用するか

次に、やわらか食の利用についてです。

宅配弁当には、噛む力が弱まった方のために、普段のおかずよりもやわらかく仕上げている「やわらか食」というコースがあります。

やわらか食

もし、お肉やお魚などのかたさにストレスを感じているのであれば、やわらか食を利用しましょう。

また、やわらかい食事メニューのなかでも、「ムース食」という、さらにやわらかくしたコースも存在します。

ムース食

こちらは、ほぼ噛まなくても飲み込めるため、飲み込む力が弱まっている方はこちらを利用しましょう。

栄養の調整食コースを利用するか

次に、塩分、たんぱく質、糖質などの栄養価がコントロールされたコースを利用する必要があるか、というのも大事な観点になります。

一部の宅配弁当サービスには、栄養価を調整したい方向けに制限食コースを用意しています。

ライフデリのカロリー調整食出典:ライフデリ

高齢者になると、下記の生活習慣病に悩みを抱える方が多いです。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 腎臓病 など

生活習慣病は食事と密接した関係にあるため、栄養価が管理されている食事をとることは大事です。

お弁当の味、料金などの要素

最後に、以下のお弁当の要素の観点も大事になってきます。

  • 味の美味しさ
  • 送料込みの1食あたりの料金
  • メニュー数

この3つの観点は、長期的に利用することを考えるとどれも重要です。

これらの項目について、30社以上の宅食サービスを利用している筆者が、細かく点数をつけて比較しています。

次章からは、ランキングの上位となった宅配弁当サービスを冷蔵、冷凍別に紹介します。

3.常温|高齢者向け宅配弁当ランキング5選

高齢者向けの常温の宅配弁当ランキングは以下になります。

では、1位のワタミの宅食から、順に紹介していきます。

1位「ワタミの宅食」高齢者食宅配で11年連続売上シェアNo.1

ワタミの宅食

ワタミの宅食の概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・まごころおかず(616円~)
・まごころ手鞠(490円~)
・まごころダブル(661円~)
・まごころ御膳(580円~)
管理栄養士の
監修
送料 無料
宅配エリア
全国(北海道、青森、秋田、岩手、沖縄、その他一部のエリアは配達対象外)
宅食タイプ 常温
保存期間
(賞味期限)
宅配当日22時から翌日15時
温め方 電子レンジ
お試しセット なし

ワタミの宅食は、高齢者食宅配市場11年連続で売上シェアNo.1の実績を誇る宅配弁当サービスです。

味の評価が高くメニュー数も60種類あるので、毎日続けて食べても飽きません。

安否確認サービスの対応も良く、異変があれば市町村区の指定の連絡先に知らせてくれるため、一人暮らしの高齢者の方も安心して利用できます。

一部地域は配達エリア外となっていますが、送料無料なのも魅力的です。

\1食分無料のキャンペーン中/
ワタミの宅食の公式サイトを見る

>>ワタミの宅食の口コミ&実食レビュー記事はこちら

2位「ライフデリ」700種類以上のおかずでメニューを構成

ライフデリ

ライフデリの概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・普通食(513円、ごはんあり 563円~)
・カロリー調整食(720円、ごはんあり 790円~)
・透析食(800円、ごはんあり 870円~)
・腎臓食(800円、ごはんあり 870円~)
・やわらか食(750円、ごはんあり 800円~)

・ムース食(650円、ごはんあり 700円~)
管理栄養士の
監修
送料 無料
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷蔵
保存期間
(賞味期限)
遅くとも昼食は14時まで、夕食は20時まで
温め方 電子レンジ
お試しセット あり(65歳以上なら初回2食まで無料)
キャンペーン なし

ライフデリは、普通食の他に、カロリー調整食、透析食、腎臓食などのコースを用意しており、それぞれの病気の症状に合わせて、メニューを選べます。

献立のメニューも豊富で、700種類以上のおかずを構成しながら毎日日替わりで届けてくれます。

また、おかずの原材料の8割以上に国産品を使用しているため、高齢者の方やご家族も安心です。

ライフデリは自動電話による安否確認サービス「らいふコール」を月額200円で利用できますが、お弁当を週1回以上注文すると無料で利用できるようになります。

\初回のみ無料試食可能/
ライフデリの公式サイトを見る

>>ライフデリの口コミ&実食レビュー記事はこちら

3位「コープデリ」日用品も一緒に注文できる生協

コープデリのサービス概要は、下記の通りです。

項目 内容
【お試し】時短冷凍セットの料金 1,777円(8品)
【お試し】離乳食セットの料金 500円(4品)
その他の配送可能な食材 ・8,000品以上の米・野菜・卵・乳製品・冷凍食品・畜産・水産加工物など
・冷凍離乳食
◎ 4.0点
管理栄養士の
監修
送料 無料
配送エリア 東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県
配送タイプ 常温・冷凍(商品による)
お試しセット あり

コープデリは、地域の自治体によって活動している生協(生活協同組合)です。

生協は、お弁当の他に野菜や日用品も一緒に注文できるため、重いものの買い物や出かけるのが難しい高齢者の方にはおすすめです。

夕食宅配というお弁当のコースでは、おかずのみのメニューとご飯付きのお弁当コースのどちらかを選べます。

また、地域によって異なりますが、やわらかい食事やカロリー・たんぱく質などの栄養を調整した医療食も用意しています。

\配送エリア内なら送料無料/
コープデリの資料請求をする

>>コープデリの口コミ&実食レビュー記事はこちら

4位「宅配クック123」味が美味しく調理方法なども工夫

宅配クック123

宅配クック123の概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・普通食(540円~)
・カロリー・塩分調整食(777円~)
・たんぱく・塩分調整食(777円~)
・透析食(777円~)
・やわらか食(777円~)
・ムースセット食(777円~)
・消化にやさしい食(777円~)
・健康ボリューム食(606円~)
管理栄養士の
監修
送料 無料
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷蔵
保存期間
(賞味期限)
当日
温め方 電子レンジ
お試しセット
あり(65歳以上なら初回無料)

宅配クック123(ワンツースリー)は、全国に350店舗展開している高齢者専門の宅配弁当サービスです。

1日に昼食と夕食の2食分の配達が可能で、カロリー・塩分調整、たんぱく・塩分調整や透析食のコースを用意しています。

また、高齢者の方でも食べやすいように、お肉は一口分くらいの大きさにするなど、調理方法も工夫されています。

正月3が日はお休みですが、年中無休で配達を行っており、原則手渡し配達で、もし異常があれば緊急連絡先に連絡してくれるなど、安否確認の対応も十分です。

また、お弁当の容器は軽く設計されており、開けやすさなども配慮していて便利に利用できます。

\65歳以上の方は無料試食可能/
宅配クック123の公式サイトを見る

>>宅配クック123の口コミ&実食レビュー記事はこちら

5位「まごころ弁当」コース全体的に値段が安い

まごころ弁当

まごころ弁当の概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・普通食(540円~)
・小町 サイズ小(345円~)
・小町 サイズ大(432円~)
・たんぱく調整食(810円~)
・ムース食(637円~)
・カロリー調整食(702円~)
管理栄養士の
監修
送料 無料
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
保存期間
(賞味期限)
1ヶ月以上
温め方 電子レンジ
お試しセット なし
キャンペーン
あり(無料試食キャンペーン)

まごころ弁当も、宅配クック123と同じ高齢者向けの宅食サービスです。

全体的に他の高齢者向けサービスと比較して値段が安いのが特徴。一番安いコース「小町 サイズ小」はおかずとご飯あわせて1食あたり345円~注文できます。

その他にも普通食、カロリー調整食、たんぱく調整食、ムース食などのコースも展開しており、宅配弁当を利用する目的に応じて選べます。

また、約16品目の食材を使用し、季節ごとにメニューを切り替えているため、飽きない献立も魅力です。

\初回のみ無料試食可能/
まごころ弁当の公式サイトを見る

>>まごころ弁当の口コミ&実食レビュー記事はこちら

次章では、冷凍保存が可能な宅配弁当を紹介します。

4.冷凍|高齢者向け宅配弁当ランキング7選

高齢者向けの冷凍の宅配弁当ランキングは以下になります。

では、1位のまごころケア食から、順に紹介していきます。

1位「まごころケア食」総合的に評価が高く制限食コースも豊富

まごころケア食

まごころケア食の概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・健康バランス(461円~)
・カロリー調整食(461円~)
・糖質制限食(461円~)
・塩分制限食(461円~)
・たんぱく質調整食(490円~)
管理栄養士の
監修
送料 無料
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
保存期間
(賞味期限)
3か月以上
温め方 電子レンジ
お試しセット あり

まごころケア食は、高齢者専門の「まごころ弁当」と同じ会社が運営している冷凍の宅配弁当サービスです。

「カロリー・糖質・塩分・タンパク質」の制限食コース4種類と、栄養バランスが調整された「健康バランス」コースが用意されています。

平均以上のおいしさ、かつメニュー数も豊富でありながら、1食あたりの料金も良心的です。

冷凍弁当だとクール便のため、送料が高くなるのが基本ですが、まごころケア食は全国一律で送料無料(※沖縄県の一部地域を除く)なのも評価が高いです。

\初回180円引き!定期便ならずっと180円引き/
まごころケア食の公式サイトを見る

2位「ベルーナグルメ」管理栄養士と料理研究家のダブル監修

ベルーナグルメ

ベルーナグルメの概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・はなまる御膳(640円)
・匠の和ごころ御膳(640円)
・ほほえみ御膳(640円)
・おふくろ御膳(640円)
管理栄養士の監修
送料 220円
クール代 660円
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
保存期間(賞味期限) 2ヶ月以上
温め方 電子レンジ
お試しセット なし

ベルーナグルメは、一般の方向けに4種類のコースを展開している宅配弁当サービスです。

管理栄養士の他に、人気の御膳シリーズの「ほほえみ御膳」には料理研究家、「匠の和ごころ御膳」には有名料理店の料理長が監修しています。

お弁当の容器もカラフルで、各コース60種類以上のメニューがあり、毎日飽きずに食事が楽しめます。

値段も手ごろなので、長期間利用しやすいサービスですよ。

\通常の2,160円引きで買えるキャンペーン中/
ベルーナグルメの公式サイトを見る

>>ベルーナグルメの口コミ&実食レビュー記事は

3位「Dr.つるかめキッチン」医療関係者が選ぶ冷凍弁当No.1

Dr.つるかめキッチン

Dr.つるかめキッチンの概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・糖質制限気づかい御膳(740円~)
・塩分制限気づかい御膳(740円~)
・たんぱく質&塩分制限気づかい御膳(786円~)
・カロリー制限気づかい御膳(740円~)
・Dr.つるかめバランス栄養御膳(709円~)
管理栄養士の
監修
送料
770円(定期購入は無料)
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
保存期間
(賞味期限)
半年~1年
温め方 電子レンジ
お試しセット なし

Dr.つるかめキッチンは、医療関係者が選ぶ宅配食で1位と謳っている宅配弁当サービスです。

5種類の制限食コースがあり、メニューの監修には、管理栄養士だけでなく医師も携わっています。

具体的に、糖質制限には糖尿病専門医、塩分制限には高血圧症専門医など、それぞれの病気の専門医が監修しています。

食事制限が必要な方でも安心して食事ができるのが強みです。

\いつでも解約できる定期便は送料無料・商品28%オフ/
Dr.つるかめキッチンの公式サイトを見る

>>Dr.つるかめキッチンの口コミ&実食レビュー記事はこちら

4位「食宅便」日清医療食品のお弁当で介護施設の給食にも利用

食宅便の概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・おまかせコース(615円~)
・低糖質セレクト(615円~)
・塩分ケア(675円~)
・カロリーケア1200(675円~)
・カロリーケア1600(675円~)
・たんぱくケア(675円~)
・やわらかい食事(715円~)
・おこのみセレクトコース(560円~)
・まんぷく亭(608円~)
・おうちdeヘルシー丼(688円~)
・はらすまダイエット 1200(691円~)
・はらすまダイエット 1600(691円~)
管理栄養士の
監修
送料
780円(定期便は390円)
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
保存期間
(賞味期限)
半年~1年
温め方 電子レンジ
お試しセット なし

食宅便は日清医療食品が2012年から開始している宅配弁当サービスです。

基本のコースだけで12種類あり、期間限定コースも随時追加されるなど、業界内で圧倒的なコース数を誇ります。

低糖質・減塩食など制限食コースや、やわらかい食感のコース、しっかり食べたい方向けの丼物コースまで、多岐にわたります。

個人向けはもちろん、高齢者施設にも利用者の体調に合ったお弁当を提供しています。

\送料無料のお試しセットあり/
食宅便の公式サイトを見る

>>食宅便の口コミ&実食レビュー記事はこちら

5位「ミールタイム」医療機関や調剤薬局推薦のお弁当

ミールタイムの概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・ヘルシー食(580円~)
・ヘルシー食多め(677円~)
・たんぱく質調整食(580円~)
・ケア食(580円~)
・スイーツ(580円~)
管理栄養士の
監修

記載なし。専属栄養士に電話相談が可能。
送料
冷凍・冷蔵ともに4980円以上購入で無料
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍・冷蔵
保存期間
(賞味期限)
約1年(冷凍)
温め方 電子レンジ
お試しセット なし

ミールタイムは、糖尿病や腎臓病食などを中心としたヘルシー食やたんぱく質調整食を販売しています。

食事を配達するだけでなく、利用者が健康になれる数値改善を一番のこだわりとしており、すべてのお弁当の栄養価を計算しています。

全国の病院・調剤薬局でお弁当を無料配布しており、医療機関から推薦もされています。

また、電話オペレーターが全員管理栄養士なので栄養価について詳しく話を聞くことができ、健康を気にする方にはおすすめのサービスです。

\WEBから注文すると3%オフ/
ミールタイムの公式サイトを見る

6位「やわらかダイニング」やわらかい食事に特化した宅食サービス

やわらかダイニング

やわらかダイニングの概要は以下の通りです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・ちょっとやわらかめ宅配食(712円~)
・かなりやわらか宅配食(779円~)
・ムースやわらか宅配食(797円~)
管理栄養士の監修
送料 無料
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
保存期間
(賞味期限)
3ヶ月以上
温め方 電子レンジ
お試しセット あり(送料無料)
キャンペーン なし

やわらかダイニングはやわらかい食事に特化した宅食サービスで、3種類のやわらさのコースを選べます。

コースには「ちょっとやわらかめ」「かなりやわらか」「ムースやわらか」があり、一番やわらかいムース食は箸でも簡単につぶせるやわらかです。

段階的にやわらかさを選べるので、自分の噛みやすい食事ができます。

なお、冷凍タイプの宅配弁当でムース食があるのは「やわらかダイニング」のみです。

普通の食事だと飲み込むことが困難で、なおかつ冷凍庫にお弁当をストックしたいという方はやわらか食を利用しましょう。

\初回は送料無料でお試し可能/
やわらかダイニング 公式サイトへ

>>やわらかダイニングの口コミ&実食レビュー記事はこちら

7位「食のそよ風」特許技術を用いたやわらか食あり

食のそよ風

食のそよ風の概要は以下のとおりです。

  内容
メニュー別
送料込みの
1食あたりの料金
・国産プレミアム(699円~)
・プチデリカ(426円~)
・そよ風のやさしい食感(669円~)
管理栄養士の
監修
送料 980円
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
保存期間
(賞味期限)
約1年間
温め方 電子レンジ
お試しセット
あり(623円~)

食のそよかぜのやわらか食「そよ風のやさしい食感」は、凍結含浸法という特許技術が用いられており、なるべく食事の形を保ったまま食感がやわらかくされています。

やわらかさだけでなく、うま味成分なども含ませることができ、噛むのが困難な方でも美味しく食事ができるように配慮しています。

また、「国産プレミアム」という国産食材を主原料としたコースもあり、安心安全な食事をしたい方にもおすすめです。

食のそよ風は介護事業を中心にさまざまな事業を手掛けており、デイサービス、ショートステイ、老人ホームなど「そよ風」のブランドで高齢者用の施設を全国に展開しています。

\初回の4食セットは送料無料/
食のそよ風の公式サイトを見る

>>食のそよ風の口コミ&実食レビュー記事はこちら

5.料理研究家】河瀬璃菜さんの実食レビュー

この章では、料理研究家の河瀬璃菜さんに、実際に宅配弁当を体験していただいた感想をまとめています。

河瀬璃菜さんのプロフィールは、以下の通りです。

河瀬璃菜 りな助(料理家・フードプロデューサー)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

 

レシピ/商品開発、コンサル、執筆、取材、イベント出演、撮影、店舗プロデュース等、食にまつわる様々な仕事をしている。

大手企業のCM広告やTV出演などその活動は多岐に渡る。

 

近年では地方活性化のための6次産業支援に力を入れている。

 

著書「神レンチン(文藝春秋)」などその他多数

 

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

では、実食インタビューの様子をくわしく紹介します。

筆者

本日はありがとうございます!よろしくお願い致します!

はい、よろしくお願い致します!

河瀬璃菜さん

筆者

昨今、コロナウイルスの影響で宅配サービスが充実していますが、『宅配弁当』に対してはどんなイメージをお持ちですか?

そうですね…最近は多種多様になってきているイメージがあります。糖質が低いものや、高タンパクなものなど、それぞれのライフスタイルに合ったお弁当が増えたように思います。

河瀬璃菜さん

筆者

  河瀬さん自身も、宅配弁当を利用されたことはありますか?

ありますあります!筋トレ向けのお弁当を食べていました。

河瀬璃菜さん

筆者

実際に使ってみて、いかがでしたか?

 そうですね…冷凍弁当の場合、冷凍した瞬間にどうしても香りは飛んでしまいます。なので、”ハーブやスパイス、オリーブオイルやごま油などの調味料で香りを足すとよい”といった案内があれば、利用者の方は、よりおいしく食べられると思います。

河瀬璃菜さん

さすが食の専門家…!という鋭いご指摘から始まったインタビューですが、高齢者向けのお弁当は初めて食べるという河瀬璃菜さん。

今回食べていただいたのは、下記5つのお弁当です。

項目別に評価していただき、高得点のものから並べたのが以下の表です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

サービス名 総合得点
(20点満点)

(5点満点)
香り
(5点満点)
食感
(5点満点)
見た目
(5点満点)
ニチレイフーズダイレクト 17点 5点 5点 3点 4点
宅配クック123 15点 4点 3点 4点 4点
まごころ弁当 13点 3点 3点 4点 3点
ライフデリ 12点 4点 3点 3点 2点
タイヘイファミリーセット 10点
2点
3点
3点 2点

それぞれのお弁当に対する河瀬璃菜さんのコメントを、この後くわしく紹介します。

ニチレイフーズダイレクト

ニチレイフーズダイレクトは「気くばり御膳」を食べていただきました。

河瀬璃菜さんによるニチレイフーズダイレクトの評価は、以下の通りです。

項目 点数
(5点満点)
コメント
5点
今回食べたお弁当の中では、最もおいしい。
香り 5点
炭火焼きの香ばしさが感じられる。
食感 3点
野菜は、冷凍食品特有の食感(水っぽさ)が出てしまっている。
見た目 4点
赤、黄、緑と彩り豊かできれい。

おいしく食べてもらおうという気遣いが感じられ、さすが気くばり御膳という名前だけありますね!ただ鶏肉を焼いた、大根を煮た、という具合に済ませるのではなく、炭火の香ばしさや柚子の風味を加えているのが、とても良かったです。

河瀬璃菜さん

宅配クック123

宅配クック123は「やわらか食」を食べていただきました。

河瀬璃菜さんによる宅配クック123の評価は、以下の通りです。

項目 点数
(5点満点)
コメント
4点 味付けがしっかりしていて、一品一品はおいしい。
ただ、全体的に甘辛い味のおかずが多いので、もう少し五味のバランスが整っていると良いかも。
香り 3点 そもそも香りの強いおかずはないが、生姜やハーブなどを足したら、よりおいしく食べられそう。
食感 4点 あまり噛まなくても飲み込めるやわらかさ。
食感もやわらかすぎず、満足感(食べ応え)がある。
見た目 4点 いたって普通の状態に見える。
食べて初めて、やわらかい仕上がりとわかった。

 一般の方には向かないかもしれませんが、高齢者向けのやわらか食としては、満足度が高いですね!

河瀬璃菜さん

まごころ弁当

まごころ弁当は「小町」を食べていただきました。

河瀬璃菜さんによるまごころ弁当の評価は、以下の通りです。

項目 点数
(5点満点)
コメント
3点
味付けがしっかりしていて、見た目以上においしい。
香り 3点
食感 4点
食べ応えをしっかり得られる食感。
野菜がシャキシャキで良い。
見た目 3点
お弁当特有の”寂しさ”(自炊と比べたときの質素さ)が出てしまっている。
低価格と見た目の両立は困難かもしれないが、ご飯にはゆかりふりかけやごま塩をかける、おかずには乾燥パセリをかけるなどして、軽く色味を足せば、見た目でも満足できそう。

味はおいしいですが、見た目への配慮(届いたときにおいしそう!と嬉しくなるような工夫)がもう少し欲しいですね…!食事を1日の楽しみとしている方は多いので、食べる側が嬉しくなる見た目かどうかは大事だと思います。

河瀬璃菜さん

ライフデリ

ライフデリは「ムース食」を食べていただきました。

河瀬璃菜さんによるライフデリの評価は、以下の通りです。

項目 点数
(5点満点)
コメント
4点
ムース状でも、おかず本来の味をしっかり感じる。
香り 3点
食感 3点
嫌なとろみ・やわらかさではない。
見た目 2点
ムース食なので、見た目が劣るのはやむを得ない。
味の再現度が高く、ムースにしてもおいしいメニューを上手に選んでいますね!ただ、ムース食を(白米と一緒に)おかず感覚で食べるのは難しいかも。一緒に食べるごはんは、梅がゆなど、単体でも味があっておいしく食べられるものが良さそうです

河瀬璃菜さん

タイへイファミリーセット

タイヘイファミリーセットは「ムース食」を食べていただきました。

河瀬璃菜さんによるタイヘイファミリーの評価は、以下の通りです。

項目 点数
(5点満点)
コメント
2点
メインの豚肉の炒め物は、味の再現に苦労した感じはするが、野菜は本来の味が活かされていて、おいしい。
香り 3点
食感 3点
(ライフデリのムース食と比べ)とろみが多いと感じる。
たしかに食べやすいが、ずっととろとろしていると飽きる人もいるかも。
見た目 2点
ムース食なので見た目が劣るのはやむを得ない。

炒め物をムース食にするのは難しいとわかりました…。ただ、野菜はムースでも違和感なく食べることができ、おいしかったです!ムース食は、メニュー選びが重要ですね。

河瀬璃菜さん

ここまで5つのお弁当のレビューを紹介してきましたが、次でレビューをまとめます。

河瀬璃菜さんの実食レビューまとめ

河瀬璃菜さんによる5社の評価をまとめると、以下の通りです。

サービス名 総合得点
(20点満点)

(5点満点)
香り
(5点満点)
食感
(5点満点)
見た目
(5点満点)
ニチレイフーズ
ダイレクト
17点 5点 5点 3点 4点
宅配クック123 15点 4点 3点 4点 4点
まごころ弁当 13点 3点 3点 4点 3点
ライフデリ 12点 4点 3点 3点 2点
タイヘイファミ
リーセット
10点
2点
3点
3点 2点

最後に、河瀬璃菜さんに感想をお伺いしたところ、以下のコメントを頂きました。

 初めて高齢者向けのお弁当を食べましたが、発見がありおもしろかったです!ただ飲み込みやすい、ただ栄養があるだけでなく、(香りやおいしそうな見た目など)食事として楽しめる要素もあるといいですね。また、私の祖母も宅配弁当を利用していましたが、配達時の安否確認サービスがあったのは、ありがたかったです。

河瀬璃菜さん

食の専門家が重視するポイントも参考にして、あなたに合うお弁当を見つけましょう。

公式サイト

宅食サービス公式サイト

6.高齢者向け宅配弁当を実食した筆者の実食レビュー

この章では、実際に高齢者向けのやわらか食の宅配弁当を食べてみた正直な感想をお伝えします。

結論、感想は下記のとおりです。

  • 一品一品とてもやわらかく、あまり噛まずに飲み込める
  • 味は基本的には薄味
  • 食べ応えはないので満腹感には欠ける

実際に食べてみたのは、メディカルフードサービスのMFSやわらか食お試しセットの「豚肉と豆腐の炒め物」です。

メディカルフードサービス やわらか食

栄養価を確認すると、高齢者が特に気にする塩分は1.3gと低く抑えられていました。

メディカルフードサービス やわらか食1

電子レンジで温めた後にビニールをはがしましたが、あまり力を入れずにはがすことできました。

メディカルフードサービス やわらか食3

お弁当の見た目としては、全体的に水分が多くてベチャっとしているため、見栄えはあまりよいとは言えません。

メディカルフードサービス やわらか食6

ただ、やはりどのおかずもとてもやわらかくて、あまり噛まずに飲み込むことができました。

下記のおかずはポテトサラダですが、具はしっかりつぶされており、すぐに飲み込めました。

メディカルフードサービス やわらか食8

金時豆もやわらかく仕上げられており、食べやすかったです。

メディカルフードサービス やわらか食5

特に、大根は思ったよりもやわらかく、豆腐のようなふわふわしていました。

メディカルフードサービス やわらか食7

なお、味は全体的に薄味でしたが、メインの豚肉は濃すぎない程度に味を感じました。

メディカルフードサービス やわらか食4

食べ終わった後の感想としては、筆者が男性だからなのか、量が少なめに感じたのと噛む回数が少ないというのもあり、満腹感はあまり得られませんでした。

ただし、高齢者であれば1食分としては適度な量に感じるでしょう。

次章では、高齢者が実際に宅配弁当を利用した場合のメリットやデメリットについて解説します。

7.高齢者が宅配弁当を利用するメリット・デメリット

ここからは、実際に高齢者が宅配弁当を利用した場合のメリットやデメリットについて解説します。

まずは、4つのメリットからご紹介します。

4つのメリット

高齢者が宅配弁当を利用するメリットは4つあります。

  1. 栄養バランスのとれた食事ができる
  2. 食材を買いに行かなくていい
  3. 調理や後片付けをしなくていい
  4. 普段作らないような料理も食べられる

では、ひとつずつ解説します。

栄養バランスがよい

まず1つ目のメリットは、栄養バランスのとれた食事ができることです。

なぜなら、ほとんどの宅食サービスで管理栄養士が監修しており、栄養価が偏らないように配慮されているからです。

生活習慣病が増加する高齢者の方にとっては特に重宝します。

食材を買いに行かなくていい

2つ目のメリットは、食材を買いに行かなくてすむことです。

高齢になってくると、スーパーに行き重たい食材を持って帰るのも一苦労です。

しかし、宅配弁当を利用すると料理そのものが自宅に届くので、家から一歩も出ずとも食事がとれます。

調理や後片付けをしなくていい

3つ目のメリットは、調理や食後の後片付けをしなくていいことです。

宅配弁当は調理されたメニューが届くため、毎日調理をする手間や食後の圧片付けは不要になります。

普段作らないような料理も食べられる

4つ目のメリットは調理をするのが面倒なメニュー料理も食べられることです。

例えば、下記のようなおかずがあります。

  • 野菜かき揚げ
  • かぼちゃのエビそぼろあん
  • 南瓜のチーズ焼風

調理を普段からする人でも、年を重ねていくと手の込んだ調理をするのも難しくなってきますね。

宅配弁当なら、普段では作らないようなメニューも用意されているため、楽しんで食事ができます。

3つのデメリット

上記では高齢者が宅配弁当を利用するメリットをご紹介しましたが、デメリットも3つあるため、確認しておきましょう。

  1. 自炊よりお金がかかる
  2. 配達時に家にいる必要がある
  3. 一部宅食サービスではメニューを選ぶのが面倒

では、ひとつずつ解説します。

自炊よりお金がかかる

宅配弁当の一番のデメリットは、自炊よりもお金がかかることです。

宅配弁当の平均的な料金は、1食あたり500円~700円であり、自分で調理するよりも少し費用がかかってしまいます。

配達時に家にいる必要がある

2つ目のデメリットはお弁当の配達時間に家にいて、お弁当を受け取る必要があることです。

お弁当は食品なので、基本的に置き配などの利用はできません。

ただ、まごころ弁当やワタミの宅食は、クーラーボックスの無料貸し出しを行っているため、配達時に家にいなくても玄関前に置いてくれます。

まごころ弁当クーラーボックス出典:まごころ弁当

一部宅食サービスではメニューを選ぶのが面倒

3つ目のデメリットはメニューを選ぶのが面倒なところです。

ナッシュなどの一部宅食サービスは、注文する時にお弁当のメニューを選ぶ必要があるため、毎回メニューを選ぶのが億劫に感じてしまう方もいるかもしれません。

ただ、自分の好みのおかずが入っているお弁当を食べられるため、メリットとも捉えられます。

8.常温弁当のメリット・デメリット

前章では、冷凍弁当のメリット・デメリットを紹介しましたが、ここからは、高齢者が冷蔵または、常温の弁当を利用した場合のメリット・デメリットを紹介します。

では、まずはメリットから紹介します。

4つのメリット

高齢者が常温弁当の利用するメリットは下記の4つです。

  1. 安否確認になる
  2. 送料無料が多い
  3. 食感がよい
  4. 冷凍庫の空き容量を気にしなくてよい

では、それぞれ解説します。

安否確認になる

冷蔵または、常温の弁当の一番のメリットは、安否確認としても利用できることです。

ライフデリ 安否確認出典:ライフデリ

2章の選び方でも書きましたが、冷蔵(常温)タイプの弁当だと保存がきかないため、食材を腐らせないために毎日宅配が必須になります。

毎日宅配の場合、宅配業者ではなく、その地域の宅食サービスのスタッフが配達してくれるので、ほぼ毎日顔を合わせることにもなり、何か異変があった時にもすぐ感じ取れやすいです。

送料無料が多い

2つ目のメリットは、送料無料が多いことです。

冷蔵(常温)タイプの弁当は、基本的に配達業者を利用しないため、そのぶん利用者が送料を負担しない場合が多いです。

そのため、1食あたりの料金も安く抑えることができます。

食感がよい

3つ目のメリットは、食材の食感が冷凍タイプよりもよいことです。

冷凍タイプだと、調理をした後に一度冷凍し、食べるときに電子レンジで解凍という手順を踏まないといけませんが、そうすると元の食材の食感がどうしても損なわれてしまいます。

それに対し、はじめから作りたての食材を食べられる常温弁当だと、元の食感のまま食べることができるので、味わいよく食事ができます。

冷凍庫の空き容量を気にしなくてよい

4つ目のメリットは冷凍庫の容量を気にしなくてよいことです。

宅食のほとんどは冷凍タイプのお弁当であり、冷凍庫がお弁当でいっぱいになってしまうというのが、宅食を利用する上での悩ましいデメリットでもあります。

しかし、常温のお弁当だと毎日宅配されるため、冷凍庫を使用せずに毎日宅食を利用できます。

4つのデメリット

冷蔵(常温)弁当のデメリットは下記の5つです。

  1. 賞味期限が短い
  2. 制限食のメニューが少ない
  3. 全国配送でない場合がある
  4. 毎日の配達時間を指定できない

では、ひとつずつ解説します。

賞味期限が短い

1つ目のデメリットは賞味期限が短いことです。

冷凍タイプのお弁当に比べて、冷蔵タイプのお弁当は基本的に当日までの賞味期限であることが多く、最大でも翌日の昼までの場合がほとんどです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

冷蔵(常温)タイプ 冷凍タイプ
当日~翌日午後まで 半年~1年

配達された日中に食べてしまえば問題はないのですが、保存して好きな時に食べるということができないのが、冷蔵(常温)タイプのデメリットになります。

制限食のメニューが少ない

2つ目のデメリットは制限食のメニューが少ないことです。

宅食のほとんどは冷凍タイプであり、低塩分のメニューや低糖質の制限されたメニューも冷凍タイプの宅食サービスの方が多く扱っています。

そのため、常温タイプだと制限食・やわらか食を扱うサービスの選択肢の幅が狭くなってしまいます。

全国配送でない場合がある

3つ目のデメリットは、配達地域が全国でない場合があることです。

常温タイプの宅食サービスは、その地域の自社スタッフによって配達されることがほとんどで、店舗などがない地域では配達エリア外になる場合があります。

毎日の配達時間を指定できない

4つ目のデメリットは、配達時間を指定できないことです。

なぜなら、毎日宅配をするタイプの宅食サービスは、区域ごとで順番に家を訪問してお弁当を届けるからです。

そのため、一人暮らしの方だと毎日決まった時間の配達時に家にいる必要があるため、少し1日の行動が縛られてしまうデメリットがあります。

9.冷凍弁当のメリット・デメリット

ここからは、冷凍タイプの宅配弁当を利用するメリット・デメリットを紹介します。

まずはメリットから紹介します。

5つのメリット 

冷凍弁当のメリットは下記の6つです。

  1. 冷凍庫にストックできる
  2. 配達時間を指定できる
  3. 全国配送が多い
  4. まとめて買うと安い
  5. 賞味期限が長い

では、ひとつずつ解説します。

冷凍庫にストックできる

冷凍弁当の1番のメリットは冷凍庫にストックできることです。

冷凍庫にストックしておくことで、電子レンジで解凍するだけですぐ食べることができます。

小腹が空いたときの軽食にも利用でき、高齢者でも、あまり家から動かずにすぐ食事ができて便利です。

配達時間を指定できる

2つ目のメリットは、配達時間を指定できることです。

冷凍タイプのお弁当は、ほとんどがヤマト運輸のクール便によって配達されるため、2時間間隔で注文することができます。

ヤマト運輸の配達時間

午前中(~12時)、14~16時、16~18時 18~20時のほか、19~21時

配達時間を指定できると、自分の用事などに合わせることができるため、便利に宅食を利用できます。

全国配送が多い

3つ目のメリットは、全国地域の配達に対応している場合が多いことです。

なお、ヤマト運輸のクール便は下記の一部離島以外の地域に配達しています。

  • 伊豆諸島:青ヶ島村(青ヶ島)、利島村(利島)、御蔵島村(御蔵島)、式根島
  • 小笠原諸島:小笠原村(父島・母島・硫黄島・南鳥島など)

常温のお弁当で配達地域外だとしても、冷凍タイプのお弁当だと配達地域内であることが多いです。

まとめて買うと安い

4つ目のメリットは、まとめて買うことで1食あたりの料金を抑えられることです。

例えば、ウェルネスダイニングは最大21食セットで注文することができ、塩分制限気配り宅配食の場合、1食あたり804円のものを705円まで抑えることができます。

←スマホの方は横にスクロールできます→

セット数 1食あたりの料金
7食セット 804円
14食セット 733円
21食セット 705円

それに対し、毎日宅配されるお弁当は、1食ずつ、もしくは一週間ずつで注文するようになっているため、1食あたりの料金を安くすることができないことが多いです。

賞味期限が長い

5つ目のメリットは、食品の賞味期限や保存期間が長いことです。

冷凍タイプのお弁当の賞味期限は、半年〜1年ぐらいに設定されています。

そのため、もしもの保存食としても役立つこともあります。

3つのデメリット

メリットが多いように感じる冷凍弁当ですが、下記の3つのデメリットも存在します。

  1. 冷凍庫まで持っていくのが大変
  2. 冷凍庫がいっぱいになる
  3. 送料が高い

では、それぞれ解説していきます。

冷凍庫まで持っていくのが大変

1つ目のデメリットは、お弁当を玄関先から冷凍庫まで持っていくのが大変なことです。

少ないセット数のお弁当なら大丈夫かもしれませんが、20食セットなどを注文した時には届く段ボールのサイズも大きくなり、高齢の方だと持ち運ぶのが大変になってしまう場合があります。

下記画像は、ナッシュの8食セットを注文した時の箱のサイズです。

ナッシュの段ボールを持つ男性

仮に、20食セットなどを一度に注文した場合の重さは、お弁当を1つ200gと計算すると、段ボールの重さも合わせると4~5kgになります。

もし、高齢者の方で冷凍庫まで持っていくのが大変であれば、配達業者の方に頼むと家の中まで運んでくれる場合もあるので、一度頼んでみるのもいいでしょう。

冷凍庫がいっぱいになる

2つ目のデメリットは、冷凍庫がお弁当でいっぱいになってしまうことです。

多いセット数のお弁当を注文したときには、お弁当の占有率が多くなってしまい、お弁当以外の食品を入れることが難しくなってしまいます。

送料が高い

3つ目のデメリットは、冷凍のお弁当だと送料が高くなってしまうことです。

冷凍のお弁当はクール便での配達が必須であるため、どうしても高くなってしまいます。

送料が無料の宅食サービスもありますが、平均的に700円~900円ぐらいします。

10.高齢者向け宅配弁当を注文する前に確認すべき3つのこと

ここまで、宅配弁当のメリット・デメリットや冷蔵、冷凍タイプのメリットデメリットを紹介してきましたが、いざ、注文するとなったときに確認すべきことがあるので、認識しておきましょう。

それは、下記の3つです。

  1. 自宅は配達エリア内か
  2. お届け頻度はどうするか
  3. 家計に合った料金設定か

それでは、ひとつずつ解説します。

自宅は配達エリア内か

まず、自分が注文したい宅食サービスが配達エリア内なのか確認しましょう。

なぜなら、注文したい宅食サービスがあっても自分の家が配達エリア外であれば、そもそも注文することができないからです。

特に、冷蔵(常温)タイプのお弁当だと配達エリアが全国対応で無い場合があるため、よく確認しておく必要があります。

なお、「ワタミの宅食」であれば、ホームページ上部にお届け先を入力できるバーが設置されており、すぐにエリア内か検索することができます。

 

ワタミの宅食 お届け先確認2出典:ワタミの宅食

お届け頻度はどうするか

注文したい宅食サービスが配達エリア内だとわかり、注文することになった場合は、お届け頻度を確認しましょう

宅食サービスには、その都度注文する方法と、定期的にお弁当を届けてくれる方法の2つがあります。

外食や自炊を適度に行いたい場合や、まずは試しに食べてみたい場合は、すぐに辞められる都度注文をしておくとよいですよ。

家計に合った料金設定か

次に、自分の家計にあった料金かも確認しておきましょう。

なぜなら、宅食サービス毎に料金の高さはピンキリで、注文した後に知っても遅いからです。

自分の症状の専門医師がお弁当の監修をしていると、より安心して宅配弁当を食べることはできますが、1食あたりの料金がこれまでの自分の食費と差異が少ないか把握しておきましょう。

11.よくある質問

最後に、宅配弁当に関してよくある質問について回答します。

一人暮らしの高齢者に宅配弁当をおすすめなの?

結論、一人暮らしの高齢者の方に宅配弁当はとてもおすすめです。

なぜなら、高齢者が自分一人のために、食材を買って料理を作るというのは大変で、簡単に栄養バランスのとれた食事ができるからです。

また、宅食サービスは安否確認も目的としているため、もしものことがあった場合当日中にスタッフの方が対応してくれます

宅配クック123 安否確認出典:宅配クック123

一人暮らしをしている方だと、家族の方も毎日会うのが難しいと思うので安心ですよ。

高齢者以外でも注文できる?

はい。たとえ、高齢者専門の宅食サービスだとしても、20代の若い人が注文することもできます。

家の中まで持ってきてもらえる?

はい。基本的には要望すると家の中までもって入ってくれます。

重たい荷物を持つのが大変な場合は、無理せずに冷凍庫の前まで段ボールを置いてもらいましょう。

高齢者向け宅配弁当ランキングのまとめ

結論、高齢者向けの宅配弁当で一番おすすめするのは「ワタミの宅食」です。

また、冷凍、常温(日替わり弁当)別のランキングは下記のとおりです。

<冷凍ランキング>

<常温(日替わり弁当)ランキング>

なお、高齢者向け宅配弁当で迷っている方は、総合的に一番評価が高く、安否確認サービスも充実しているワタミの宅食がおすすめです。

ワタミの宅食は高齢者食宅配市場11年連続で売上シェアNo.1の実績もあるので、安心して利用できます。

\1食分無料のキャンペーン中/
ワタミの宅食の公式サイトを見る

>>本記事1章の「高齢者向け宅配弁当サービスランキング比較一覧表」に戻る

<ランキング点数の基準>

評価項目 点数

(30点満点)
美味しい→30点
不味い→0点
送料込みの1食あたりの値段
(30点満点)
※そのサービスの一番売れているコース、または一番標準的なコースで計算
※都度購入と定期購入が両方ある場合、定期購入で計算
※セット数が複数ある場合は下記の優先順位14>15>12>10>9>8>7>6>5>4>3>2>1食セット

300円→30点
1,500円→0点
メニュー数
(20点満点)
100種類以上→20点
1種類のみ→0点
安否確認の有無
(15点満点)
安否確認のみ=5点
異変があれば家族に連絡してくれる+5点
お弁当を頼まない日でも対応してくれる(有料)+5点
※宅配状況をメールで知らせてくれる=+3点
メニュー数
(20点満点)
100種類以上→20点
1種類のみ→0点

>>本記事1章の「高齢者向け宅配弁当サービスランキング比較一覧表」に戻る