【42人の口コミ】食宅便(食卓便)はまずい?味・料金の評判を実際に注文

食宅便(食卓便)が気になるけれど「実食レビューをたくさん見て評判を吟味したい」「良い口コミも悪い口コミも両方知りたい」などとお考えではありませんか?

結論、食宅便は、良い口コミとして「やさしい味付けでおいしい・食べ始めてから痩せた」が多く、悪い口コミとして「送料の値上げが残念」が目立ち、実際に食べた感想としては「ハズレメニューは少なく、良くも悪くも平凡なおいしさ」でした。

この記事では、宅食サービスを30社以上契約した筆者が、食宅便の実食レビュー・口コミ分析をした上で、どのような人におすすめなのかを、以下の流れでご紹介します。

この記事を読めば、食宅便(食卓便)の口コミ・評判をくまなく押さえた上で、あなたに食宅便が合っているかどうか判断できます。

1. この記事の結論

実際に食宅便(食卓便)を注文して食べた結果、「良くも悪くも平凡なおいしさで、ハズレメニューは少ない」とわかりました。

また、「味付けは薄かったり濃かったり、かなりムラがあると感じました。

レビュー詳細は、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

メニュー
評価項目
見た目 食べ応え 味付け 食感
①鰤(ブリ)大根 薄い~ちょうど良い やわらかい
②鯖(サバ)の香味ソース 薄い~濃い やわらかい
③鰆(サワラ)の胡麻味噌だれ 薄い~やや濃い やわらかい
④魚介と青菜のふわふわたまごチーズ 薄い~ちょうど良い やわらかい~ちょうど良い
⑤豚バラ肉の焼き肉 薄い~ちょうど良い やわらかい~ちょうど良い
⑥鶏肉のハーブガーリック ちょうど良い ちょうど良い

実際のお弁当の写真や到着したときの様子が気になる場合は、2章「【6食分】食宅便の正直な実食レビュー」をご確認ください。

さらに、食宅便の世間の評判を知るために、以下3つの情報源をもとに、利用者42人の口コミを調査しました。

  • Twitter
  • Instagram
  • 利用者ヒアリング

結果、以下のことがわかりました。

←スマホの方は横にスクロールできます→

悪い口コミ 良い口コミ
味に関する口コミ ・まずい ・味付けは薄いがおいしい
・味付けはしっかりしている
・和風メニューが特においしい
料金に関する口コミ
・送料の値上げが残念 ・コスパ良い
量に関する口コミ ・今まで大食いだったからか少なく感じる
・量は満足
ダイエットに関する口コミ ・コンビニ弁当から変えたら痩せた
・運動していないのに痩せた
・月1kg痩せた

それぞれの口コミの真偽を知りたい場合は、3章「食宅便の口コミ分析 」をご確認ください。

2. 【6食分】食宅便の正直な実食レビュー

筆者が実際に、食宅便(食卓便)の「通常コース(おまかせコースAセット)」を注文した感想を、下記の順でご紹介します。

  1. 商品到着
  2. 段ボールを開封
  3. 冷凍庫に収納
  4. お弁当の解凍
  5. 実食レビュー(7食分)
  6. レビューまとめ・後片付け

では、商品が到着した時の様子から説明します。

商品到着

商品はヤマト運輸のクール冷凍便で届けられ、時間通りに到着しました。

段ボールは小さめで、一人でも持てるサイズ感です。

では、段ボールを開封します。

段ボールを開封

段ボールを開封すると、7つのお弁当が入っています。

段ボールの中身を全て出して、並べてみました。

なお、食宅便のお弁当のサイズは、下記の画像通りです。

 

箱ティッシュと並べてみましたが、箱ティッシュより若干大きいです。

また、食宅便のお弁当を7つ積み上げると、24㎝になります。

冷凍庫に収納

食宅便のお弁当をすべて冷凍庫に収納すると、下記の画像のようになりました。

右側の赤枠で囲った部分が、食宅便のお弁当です。

ちなみに冷凍庫は、一人暮らし用の冷蔵庫に付いているものです。

それでは、さっそくお弁当を解凍して食べてみます。

お弁当の解凍

温め時間は、袋の包装のウラに記載された時間を参考にします。

また、温める前に、必ず袋の右下をハサミで切りましょう。

記載の時間通りに温めても、解凍にムラが生じる場合があるため、具材をかき混ぜたのち、数秒追加で温めましょう。

では実際に食べていきます。

実食レビュー

今回紹介するのは、下記6食です。

  1. 鰤(ブリ)大根
  2. 鯖(サバ)の香味ソース
  3. 鰆(サワラ)の胡麻味噌焼きだれ
  4. 魚介と青菜のふわふわたまごチーズ
  5. 豚バラの焼き肉
  6. 鶏肉のハーブガーリック

では、以下で詳しく紹介します。

実食レビュー①「鰤(ブリ)大根」

1食目は「鰤(ブリ)大根」弁当です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
266kcal 25.7g 11.2g 15.7g 2.1g

結論、「鰤(ブリ)大根」弁当は、やや生臭さくて、正直味は微妙でした。

他の評価項目に関しては、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

評価項目 詳細
△メインのブリが生臭い
見た目 △全体的に茶色でおいしくなさそう
食べ応え 〇ごはんと食べるとちょうど良い
味付け 薄い~ちょうど良い
食感 やわらかい

主菜のブリは、魚の生臭さが強く残っており、正直苦手な味でした。

副菜の和風からあげは、ほとんど味がしなかったので、もう少し濃い味付けでもいいのに…と感じました。

また、冷凍なので仕方ないですが、衣がフニャっとしており、水気が多すぎるのも残念でした。

他の副菜は無難なおいしさで、食感もやわらかいため、高齢の方でも食べやすいと感じました。

実食レビュー②「鯖(サバ)の香味ソース」

2食目は「鯖(サバ)の香味ソース」弁当です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
356kcal 15.5g 23.3g 21.1g 1.4g

結論、「鯖(サバ)の香味ソース」弁当は、サバがやや生臭かったものの、全体的には無難なおいしさでした。

他の評価項目に関しては、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

評価項目 詳細
〇普通
見た目 △全体的に茶色でおいしくなさそう
食べ応え 〇ごはんと食べるとちょうど良い
味付け 薄い~濃い
食感 やわらかい

主菜の鯖は、ソースの味付けがしっかりしており、ごはんがすすみました。

生臭さは若干ありましたが、1食目のブリの煮物ほどではありませんでした。

フキの煮物は、ダシが効いており、やみつきになる味付けでした。

他の副菜3品は、やさしめの味付けで、特別おいしくもまずくもなかったです。

実食レビュー③「鰆(サワラ)の胡麻味噌焼きだれ」

3食目は「鰆(サワラ)の胡麻味噌焼きだれ」弁当です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
244kcal 16.6g 15.2g 10.3g 2.1g

結論、「鰆(サワラ)の胡麻味噌だれ」弁当は、少し美味しいかな、という程度でした。

他の評価項目に関しては、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

評価項目 詳細
〇少し美味しい
見た目 〇まあまあ
食べ応え △物足りない
味付け 薄い~やや濃い
食感 やわらかい

主菜の鰆は、胡麻味噌のいい香りがして、味付けもちょうどよい濃さでした。

豚肉の生姜焼きは、味が薄く、もう少し濃ければよかったのに…と感じました。

一方、他の副菜は味付けが濃かったです。

3食目を食べ終えて、「食宅便は、主菜や副菜によって味付けの濃さにムラがある」ということに気づきました。

実食レビュー④「魚介と青菜のふわふわたまごチーズ」

4食目は「魚介と青菜のふわふわたまごチーズ」弁当です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
231kcal 12.9g 11.7g 18.7g 2.2g

結論、「魚介と青菜のたまごチーズ」弁当は、可もなく不可もない平凡なおいしさでした。

他の評価項目に関しては、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

評価項目 詳細
〇普通
見た目 △水分が出てべちゃっとして見える
食べ応え 〇ごはんと食べるとちょうど良い
味付け 薄い~ちょうど良い
食感 やわらかい~ちょうど良い

主菜の魚介と青菜のたまごチーズは、野菜が多めで食べ応えはあまりなかったものの、味は問題なかったです。

イカやホタテもやわらかく仕上がっており、食べやすいと感じました。

気になったのは、副菜の高野豆腐が、謎の変色をしていたことです。(※左上の高野豆腐)

ちょっと怖いので避けて食べましたが、後日、食宅便に原因を問い合わせたところ「ナスなどが一緒に入っている場合、色素が移る可能性がある」との返答をいただきました。

一枚目の写真を見てもらうとわかるように、たしかに麻婆ナスが近くにあるため、変色の原因はナスで間違いなさそうです。(一安心!)

他の副菜は、良くも悪くも普通で、味付けはちょうど良い濃さでした。

実食レビュー⑤

5食目は「豚バラの焼き肉」弁当です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
249kcal 12.8g 14.9g 16.0g 2.1g

結論、「豚バラ肉の焼き肉」弁当は、少し美味しいかな、という程度でした。

他の評価項目に関しては、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

評価項目 詳細
〇少し美味しい
見た目 〇普通
食べ応え △物足りない
味付け 薄い~ちょうど良い
食感 やわらかい~ちょうど良い

主菜の焼き肉は、ちょうどよい濃さのタレとボリュームで、満足のいく一品でした。

副菜の海老チリも、タレとごはんの相性が良く、おいしかったです。

ほうれん草の柚子和えと春雨サラダは、もう少し濃い味付けがいいな、と思いました。

また、食宅便の副菜は品数が多くて飽きずに食べれる反面、一品のボリュームが極端に少ない時もあり、今回は特に少なく感じました。

実食レビュー⑥

6食目は「鶏肉のハーブガーリック」弁当です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
205kcal 23.7g 8.5g 8.4g 2.0g

結論、「鶏肉のハーブガーリック」弁当は、無難においしいかったです。

他の評価項目に関しては、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

評価項目 詳細
〇普通
見た目 〇まあまあ
食べ応え 〇ごはんと食べるとちょうど良い
味付け ちょうど良い
食感 ちょうど良い

主菜の鶏肉は、ハーブとガーリックがしっかり効いていて、かぐわしい香りに食欲もそそられました。

他の副菜は、どれも味付けはちょうどよい濃さでしたが、一品一品の量は物足りないと感じました。

ここまで6食分のレビューを紹介しましたが、次でレビューをまとめます。

レビューまとめ・後片付け

6食を食べ終えて、食宅便は「良くも悪くも平凡なおいしさで、ハズレメニューは少ない」とわかりました。

また、「味付けは薄かったり濃かったり、かなりムラがあると感じました。

なお、6食のレビューのまとめは、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

メニュー
評価項目
見た目 食べ応え 味付け 食感
①鰤(ブリ)大根 薄い~ちょうど良い やわらかい
②鯖(サバ)の香味ソース 薄い~濃い やわらかい
③鰆(サワラ)の胡麻味噌だれ 薄い~やや濃い やわらかい
④魚介と青菜のふわふわたまごチーズ 薄い~ちょうど良い やわらかい~ちょうど良い
⑤豚バラ肉の焼き肉 薄い~ちょうど良い やわらかい~ちょうど良い
⑥鶏肉のハーブガーリック ちょうど良い ちょうど良い

後片付けに関して、食宅便はプラスチック容器のため、軽く洗った後「燃えないゴミ」として分別して捨てましょう。

ここまで実食レビューを紹介しましたが、次は世間の口コミを解説します。

3. 食宅便の口コミ分析

食宅便(食卓便)の評判を知るために、以下3つの情報源をもとに、利用者42人の口コミを調査しました。

  • Twitter
  • Instagram
  • 利用者ヒアリング

その調査結果を、下記4つにわけて紹介します。

  1. 味の口コミ
  2. 料金の口コミ
  3. 量の口コミ
  4. ダイエットの口コミ

では、味の口コミから確認します。

味の口コミ

食宅便の味に関する口コミは、「おいしい/普通/まずい」=「60%/30%/10%という印象でした。

その他の内容は、主に下記2つです。

  • 味付けは薄い/しっかりしている
  • 和風メニューが特においしい

では実際の口コミを確認します。

味付けの濃さ・薄さに関して、口コミは意見が半々に割れていました。

筆者も実際に食べて「味付けは薄かったり濃かったりかなりムラがある」と感じたため、口コミは実情をよく表しています。

料金の口コミ

食宅便の料金に関する口コミは、下記2つの声が半々でした。

  • コスパ良い
  • 送料の値上げが残念

では実際の口コミを確認します。

食宅便は2020年10月に、送料を全国780円に改定(改定前は390円)しました。

ただし、現在でも、定期注文だと送料は全国390円です

そもそも食宅便には、下記3つの注文タイプがあります。

  • 通常コース|必要時に必要な分だけ注文
  • 定期コース|一定の周期で注文
  • おこのみセレクトコース|1個ずつお弁当を自由に選んで注文

また、様々な食生活に応じた下記13種類のコースがあり、料金は以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

コース一覧
注文タイプ別 送料込みの1食あたりの料金
通常コース
(送料780円)
定期コース
(送料390円)
おこのみセレクトコース
(送料780円)
定番コース
おまかせ(A・B)
7食 671円 615円
645円~985円
14食 615円 587円
お悩み別コース
低糖質セレクト
7食 671円 615円
14食 615円 587円
ケア系(塩分ケア・カロリーケア・たんぱくケア)
7食 731円 675円
14食 675円 647円
やわらかい食事7食
7食 731円 675円
14食 675円 647円
やわらかい食事あいーと
7食 771円 715円
14食 715円 687円
丼ぶり・おかずコース
まんぷく亭
8食 657円 608円
16食 608円 584円
おうちdeヘルシー丼
5食 766円 688円
10食 688円 649円
はらすまダイエット
7食
取り扱い✖
691円
14食 663円
はらすまダイエット隔週
7食
取り扱い✖
714円
14食 686円
食宅便限定セット
ちょっとお得なセット
8食 587円
取り扱い✖
16食 538円
元気モリモリお肉セット
8食 657円
16食 608円
中華セット
7食 671円
14食 615円
ワクワクバラエティーセット
7食 697円
14食 642円

この価格設定が安いかどうか判断するために、他の冷凍宅配サービス6社と料金を比較しました。

結果、食宅便の1食あたりの料金は、ほぼ中間に位置するとわかりました。

比較詳細は以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

サービス名 個数 送料込1食あたり料金 弁当の料金 送料 おかず数 配送形態
ヨシケイ 2~3食 343~640円 1,030~1,280円 無料 3~4品
定期便
食のそよ風 10食 422~699円 4,266~6,998円 無料 3品
ワタミの宅食ダイレクト
10食 3回目まで:423~513円
4回目以降:503~593円
4,230~5,130円 3回目まで:無料
4回目以降:全国800円
5品
食宅便 14食 587~687円 3,920~4,620円 全国390円 5品
Dr.つるかめキッチン
14食 678~748円 9,504~10,476円 無料 4品
ウェルネスダイニング
14食 683~752円 9,180~10,152円 385円 4品
nosh(ナッシュ)
10食 690~813円 5,990円 都道府県別
913~2,145円
4品

送料の値上げ自体はたしかに残念ですが、他社と比べると、良心的な価格設定といえます。

量の口コミ

食宅便の量に関する口コミは、主に以下2つです。

  • 量は満足
  • 今まで大食いだったからか少なく感じる

では実際の口コミを確認します。

筆者も実際に食べて、ボリュームはちょうどいい時もあれば、少ない時もあると思いました。

一般的に、宅配弁当は、男性や食べ盛りの子どもにとっては、物足りないことが多いです。

ごはんや汁物を追加で用意して、調整するとよいでしょう。

ダイエットの口コミ

食宅便のダイエットに関する口コミとして、「食べ始めてから痩せた」という声がいくつかありました。

  • コンビニ弁当から変えたら痩せた
  • 運動していないのに痩せた
  • 月1kg痩せた

では実際の口コミを確認します。

普段の食生活が乱れていた場合は、かなりダイエット効果があるようですね。

ここまで実食レビューや様々な口コミを紹介しましたが、拾いきれなかった食宅便の魅力もあるため、次章で確認しましょう。

4. 食宅便のサービス紹介

この章では、改めて食宅便(食卓便)のサービスを詳しく解説します。

では、サービスの概要から紹介します。

食宅便のサービス概要

出典:食宅便

食宅便の概要は以下のとおりです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

  内容
メニュー・送料込みの1食あたりの料金 ・おまかせコース(615円~)
・低糖質セレクト(615円~)
・塩分ケア(675円~)
・カロリーケア1200(675円~)
・カロリーケア1600(675円~)
・たんぱくケア(675円~)
・やわらかい食事(715円~)
・おこのみセレクトコース(560円~)
・まんぷく亭(608円~)
・おうちdeヘルシー丼(688円~)
・はらすまダイエット 1200(691円~)
・はらすまダイエット 1600(691円~)
△ 3.9点
管理栄養士の監修
送料 780円(定期便は390円)
宅配エリア 全国
宅食タイプ 冷凍
メニューの数 約160品目以上
保存期間(賞味期限) 半年~1年
温め方 電子レンジ
お試しセット なし
キャンペーン なし

食宅便のメリット・デメリット

食宅便のメリットは、下記4つです。

  • ◎コースが豊富であらゆるニーズに対応
  • ◎1食あたりの料金は他社と比べると良心的
  • ◎定期購入だと送料50%オフ
  • 賞味期限の近い商品はお得に買える

食宅便は、低糖質・減塩など栄養価を制限したコースや、やわらかい食感のコース、しっかり食べたい方向けの丼物コースなど、さまざまな用途のメニューを展開しています。

また、フードロスを減らすため、賞味期限が近い商品(品質は問題なし)を安く販売しており、環境にもお財布にも優しいです。

一方、デメリットは下記2つです。

  • △出荷倉庫が異なるコースを注文すると送料が2回分かかる
  • 14食は冷凍庫がパンパンになる

1点目は、2種類のコースを注文する際の注意点です。

出荷倉庫が異なるコースを組み合わせると、送料が2回分かかってしまいます。

各コースの出荷倉庫は、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

出荷倉庫 コース名
倉庫A ・ケア系(塩分ケア・カロリーケア・たんぱくケア)
・やわらかい食事(7食・あいーと)
・はらすまダイエット
倉庫B ・おまかせコース
・おこのみセレクト
・低糖質セレクト
・限定セット
・まんぷく亭
・おうちdeヘルシー丼

たとえば、「塩分ケア・やわらかい食事」を1セットずつ頼む場合は、どちらも倉庫Aから出荷されるため、送料は1回分の780円(定期便は390円)です。

しかし「塩分ケア・まんぷく亭」を1セットずつ頼んだ場合は、出荷倉庫が異なるため、送料は2回分の1,560円(定期便は780円)です。

食宅便のキャンペーン

食宅便は現在キャンペーンを行っていませんが、定期購入で注文すると送料が50%オフになるため、安く利用したい方は、都度購入よりも定期購入で注文するとよいですよ。

公式サイト

食宅便公式サイト

https://shokutakubin.com/

※他の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

5. 実食・口コミ分析してわかった食宅便がおすすめな人

結論、食宅便(食卓便)がおすすめなのは、下記のいずれかに該当する人と分かりました。

  • ダイエットをしたい人
  • どこの宅食サービスを選んでよいか分からない人
  • 糖尿病や腎臓病などにより、健康に配慮した食事を取りたい人

該当する場合は、7章「食宅便に関するよくある質問」を確認の上、注文しましょう。

該当しない場合は、次章をご確認下さい。

6. 本当に食宅便で大丈夫?知らないと失敗する宅食サービスの選び方

5章で説明した「食宅便がおすすめな人」に該当しない場合は、他の宅食サービスを検討すべきです。

なぜなら、30社以上もある宅食サービスをしっかり比較して選ばないと、「他の宅食は1食あたり200円も安かった…」「糖質制限の弁当があるとは知らなかった…」など後悔する可能性があるからです。

たとえば、「1食あたりの料金」だけで比較してみても、これだけの宅食サービスがあり、料金も大きく異なります。

←スマホの方は横にスクロールできます→

項目 内容
ヨシケイ 350円
まごころケア食 461円
ワタミの宅食 490円
まごころ弁当 345円
食のそよ風 426円
ベルーナグルメ 537円
タイヘイファミリーセット 500円
夕食.net 515円
ワタミの宅食ダイレクト 503円
セブンミール 572円
デイリーコープ 551円
ナッシュ 660円
ベネッセのおうちごはん 590円
ミールタイム 607円
ライフデリ 513円
ウェルネスダイニング 666円
FIT FOOD HOME 554円
食宅便 608円
ニチレイフーズダイレクト 646円
Dr.つるかめキッチン 663円
宅配クック123 540円
GOFOOD 598円
おたるダイニング 676円
おまかせ健康三彩 698円
やわらかダイニング 712円
メディカルフードサービス 665円
ミールラボ 833円
わんまいる 889円
スギサポdeli 777円
マッスルデリ 1,015円
ママの休食 1,111円
からだ倶楽部 1,188円
B-Kitchen 1,092円
あいーと 1,164円

上記は料金だけで比較しましたが、30社以上も宅食サービスがある中で、料金、美味しさ、メニュー数など様々な観点で比較して選ぶ必要があります。

では、どうやって宅食サービスを選べばよいか解説します。

宅食サービスは「目的」に合わせて選ぶこと

宅食サービス選びのポイントは、「高齢者の両親に食べさせたい」「出産した直後に適した食事をしたい」など、あなたが宅食を利用する目的に合わせて選ぶことです。

なぜなら、宅食サービスを選ぶ観点は下記の通り10個以上もあり迷ってしまうからです。

  • 料金
  • 美味しさ
  • 管理栄養士が監修しているか
  • 無添加
  • メニューの数
  • 糖質制限
  • カロリー制限
  • 塩分制限
  • 冷凍、冷蔵
  • 容器の処理方法
  • 容器のサイズ など

そのため、最初に宅食サービスを利用する目的を明確に決めましょう。

それが、あなたにとって最適な宅食サービスを見つける方法です。

5年以上宅食サービスに関わってきた私の経験では、宅食の目的は下記の10個になります。

そこで、実際に30社以上の宅食サービスを利用した私が、徹底的なリサーチをもとに目的別に宅食サービスをランキング化しました。

下記のおすすめランキングを確認して、必ず自分に合った宅食サービスを申し込みましょう。

7. 食宅便に関するよくある質問5選

この章では、食宅便(食卓便)に関するよくある質問を5つ紹介します。

下記内容を押さえることで、注文をスムーズに進められるため、しっかり確認しておきましょう。

以下で、それぞれ詳しく説明します。

販売元の日清医療食品はどういう会社?

会社概要は、以下の通りです。

←スマホの方は横にスクロールできます→

項目 詳細
会社名 日清医療食品株式会社
本社住所 〒100-6420
東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルディング20階
事業内容 給食の受託業務/医療用食品の販売/食品の販売/飲食店業/医療機関・福祉施設の経営コンサルタント業など
主要取引先 全国各地の病院・医院・介護老人福祉施設・保育施設など

なお、製造は国内の工場で行っています。

お試しセットの詳細は?

食宅便のお試しセットは、下記2種類です。

←スマホの方は横にスクロールできます→

項目 お試しセット(おまかせコース) お試しセット(低糖質コース)
特徴 糖質制限をしない方には、こちらがおすすめ。
塩分・カロリーは控えめながら、ボリュームあり。
糖質を制限している方向け。
糖質は控えめながら、ボリュームあり。
料金 4食2,240円 4食2,240円
1食あたりの料金 560円 560円
送料 無料 無料
1食あたりの品数 5品(主菜1品+副菜4品) 5品(主菜1品+副菜4品)

お試しセットは、通常価格の約10%オフ、かつ送料も無料なため、大変お得です。

下記リンクから注文可能です。

公式サイト

食宅便公式サイト

https://shokutakubin.com/

※他の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。

楽天やAmazonでも購入できる?

2021年6月現在、楽天・Amazonでは「低糖質セレクト」コースのみ購入できます。

ただし、楽天・Amazonでは、お試しセットや定期コースは取り扱っていません。

例外なく注文したい場合は、公式サイトから注文しましょう。

食「宅」便と食「卓」便は同じ?

正式名称は食「宅」便ですが、変換ミスの多発によって食「卓」便という表記も主流になっています。

当サイトは、どちらの表記で検索しても閲覧していただけるよう、所々で両方表記しています。

食材の原産地や添加物の使用有無は?

食材の原産地と添加物に関しては、以下の通りです。

  • 原産地:国産または外国産を使用
  • 添加物:使用している場合がある

なお、食材も添加物も、国の基準を満たしたものだけを使用しています

まとめ

宅食サービスを30社以上契約した筆者が、食宅便(食卓便)の実食レビュー・口コミ分析をした上で、どのような人におすすめなのかを、ご紹介しましたが、いかがでしたか?

結論、食宅便は、良い口コミとして「やさしい味付けでおいしい・食べ始めてから痩せた」が多く、悪い口コミとして「送料の値上げが残念」が目立ちました。

←スマホの方は横にスクロールできます→

悪い口コミ 良い口コミ
味に関する口コミ ・まずい ・味付けは薄いがおいしい
・味付けはしっかりしている
・和風メニューが特においしい
料金に関する口コミ
・送料の値上げが残念 ・コスパ良い
量に関する口コミ ・今まで大食いだったからか少なく感じる
・量は満足
ダイエットに関する口コミ ・コンビニ弁当から変えたら痩せた
・運動していないのに痩せた
・月1kg痩せた

また、実際に食べた感想としては「ハズレメニューは少なく、良くも悪くも平凡なおいしさ」でした。

←スマホの方は横にスクロールできます→

メニュー
評価項目
見た目 食べ応え 味付け 食感
①鰤(ブリ)大根 薄い~ちょうど良い やわらかい
②鯖(サバ)の香味ソース 薄い~濃い やわらかい
③鰆(サワラ)の胡麻味噌だれ 薄い~やや濃い やわらかい
④魚介と青菜のふわふわたまごチーズ 薄い~ちょうど良い やわらかい~ちょうど良い
⑤豚バラ肉の焼き肉 薄い~ちょうど良い やわらかい~ちょうど良い
⑥鶏肉のハーブガーリック ちょうど良い ちょうど良い

この記事を参考に、あなたが食宅便を注文するか否か決断できるよう、心から願っております。

公式サイト

食宅便公式サイト

https://shokutakubin.com/

※他の紹介サイト経由だとキャンペーン等の条件が変わる場合もあるため、上記から申し込みましょう。