添加物なしの宅配弁当はある?|おすすめサービス4選と選ぶ際の注意点を紹介

「添加物なしの宅配弁当はある?」「おすすめの無添加の宅配弁当サービスはどれ?」と気になっていませんか?

結論、おすすめの無添加の宅配弁当は、以下の4つです。

←横にスクロールできます→

サービス名 FIT FOOD HOME 安心工房 わんまいる ウェルネスダイニング
FIT FOOD HOMEのお弁当 ウェルネスダイニングの宅配弁当
特徴 完全無添加で一流のシェフが監修 無添加で家庭の味を楽しめる 国産食材を100%使用 味付けがしっかりしている制限食

どれも健康リスクを抑える食事として、最適なサービスです。

この記事では、添加物を含まない宅配弁当のおすすめ4選と、無添加の宅配弁当を選ぶメリットや注意点を、以下の流れで紹介します。

記事を読むことで、添加物を気にせずに食生活を送れる宅配弁当のサービスを選べるようになるでしょう。

ぜひ、無添加の食事を楽しむための参考にしてください。

1. 宅配弁当に使われている添加物

一般的に、宅配弁当は食品の味や色の調整・長期保存などの目的で、添加物が使われています。

各添加物の用途は、以下の通りです。

添加物の種類 用途 添加物の例
甘味料 食品に甘みを加える スクラロース、ソルビトール、アセルスファムK、アスパルテーム、ネオテーム
着色料 食品を着色する クチナシ黄色素
食用黄色・赤色・青色
保存料 菌の発生を抑制し、食品の保存性を高める ソルビン酸、安息香酸Na、しらこたん白抽出物
酸化防止剤 食品の油脂などの酸化を防ぎ、保存性を高める エリソルビン酸ナトリウム
、ミックスビタミンE、アルコルビン酸、カテキン
発色剤 ハムやソーセージなどの加工肉の、色や風味を調整する 亜硝酸ナトリウム
硝酸ナトリウム

なお、添加物を使用しているといっても、人体に影響のない量(厚生労働省が定めた量)で使用しています。

しかし、将来的に発がんやアレルギーになるリスクがゼロとは断言できません。

そのため、安全性の高い食品を摂取したい場合は、次章で紹介する「無添加の宅配弁当サービス」を利用しましょう。

2. 無添加の宅配弁当サービスおすすめ4選

無添加の宅配弁当サービスは、以下の4つがおすすめです。

←横にスクロールできます→

サービス名 FIT FOOD HOME 安心工房 わんまいる ウェルネスダイニング
FIT FOOD HOMEのお弁当 ウェルネスダイニングの宅配弁当
特徴 完全無添加で一流のシェフが監修 無添加で家庭の味を楽しめる 国産食材を100%使用 味付けがしっかりしている制限食

上表のうち、気になるサービスをタップすると詳しい特徴を確認できます。

では、順に紹介します。

FIT FOOD HOME

FIT FOOD HOME出典:FIT FOOD HOME(フィットフードホーム)

FIT FOOD HOME(フィットフードホーム)は、ほぼ無添加の宅配弁当を食べられるサービスです。

添加物の情報は、以下の通りです。

添加物の種類 使用状況
保存料 ×
着色料 ×
防腐剤 ×
化学調味料 ×

マヨネーズなどの調味料も手作りしているため、素材本来のおいしさを感じられるでしょう。

なお、豆腐やこんにゃくなどの食材は昔ながらの製法で作るため、添加物が使用されていますが、添加物といっても「にがり」などの毒性が低いものです。

出典:FIT FOOD HOME(フィットフードホーム)

また、『FIT FOOD HOME(フィットフードホーム)』は健康面だけでなく、味の評価も高いです

というのも、メニューは一流ホテルで腕を振るったフレンチシェフや管理栄養士が監修しているからです。

おいしさも安全性も妥協したくない方は、『FIT FOOD HOME(フィットフードホーム)』の宅配弁当がおすすめです。

\招待コード"10-off"で初回10%オフ!/
FIT FOOD HOMEの公式サイトを見る

安心工房

出典:安心工房

安心工房は、無添加で手作りの料理を提供する宅配弁当サービスです。

添加物の情報は、以下の通りです。

添加物の種類 使用状況
保存料 ×
着色料 ×
防腐剤 ×
化学調味料 ×

砂糖ではなくオリゴ糖を使用しているなど、調味料も配慮されています。

安心工房のメニューは出汁や素材の甘みを利用したものが多く、自然な味付けで健康的な食生活を送れるでしょう。

出典:安心工房

やさしい味付けの家庭料理を食べたい方は、ぜひ利用してみてください。

安心工房の公式サイトをみる

わんまいる

出典:わんまいる

わんまいる』は、国産食材を100%使用している宅配弁当サービスです。

添加物の情報は、以下の通りです。

添加物の種類 使用状況
保存料 ×
着色料 ×
防腐剤 ×
香料

以上の通り、『わんまいる』は、アミノ酸や香料などの添加物を使用しているため、完全無添加というわけではありません。

それでも添加物の利用は最低量に抑えられています。

国産食材にこだわりたい方には、最適なお弁当です。

\24%オフで買えるお試しセットあり/
わんまいるの公式サイトを見る

ウェルネスダイニング

出典:ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング』は、制限食が豊富な宅配弁当サービスです。

添加物の情報は以下の通りです。

添加物の種類 使用状況
保存料
調理過程においては不使用
着色料
調理過程においては不使用
防腐剤
調理過程においては不使用

ウェルネスダイニング』は、これまでに紹介したサービスと比べ、制限食の種類が多いです。

糖質、塩分、たんぱく質など、全4種類の制限食を取り揃えています。

出典:ウェルネスダイニング

また、味付けがしっかりしている点も好評です。

「制限食は薄味でおいしくない」と悩んでいた方におすすめです。

初回は送料無料!
ウェルネスダイニングの公式サイトを見る

3. 無添加の宅配弁当のメリット

無添加の宅配弁当のメリットは、下記3つです。

では、それぞれくわしく解説します。

保存料や着色料が使われていないため安心

一般的に、スーパーやコンビニで販売されているお弁当は、食材が傷まないよう保存料を使ったり、色合いを良くするために着色料を使ったりしています。

しかし、無添加の宅配弁当は、そのような添加物を使用していません。

調理後に即冷凍することで、保存料を使わずに、長期保存できるお弁当を提供しています。

また、色合いに関しても、食材そのものの色を活かしたり、容器を鮮やかにして見栄えを良くしたりするなど、さまざまな工夫を凝らしています。

管理栄養士が監修している

ほとんどの無添加の宅配弁当は、管理栄養士がメニューの監修をしています。

そのため、安全性が高いだけでなく、栄養バランスも整った食事がとれます。

妊娠中や産後の体にもやさしい

妊娠中に摂取した栄養は、胎児や乳幼児に直接影響を及ぼします。

そのため、体に負担の少ない無添加の宅配弁当を食べることで、母子共に健康な食生活を送れます。

また、宅配弁当はレンジで温めるだけで食べられるため、調理する手間がかかりません。

つわりなど体調不良が続く妊娠中や、子育てで忙しい産後の時期に、家事の負担を減らしてくれます。

ここまで、無添加の宅配弁当のメリットを紹介しましたが、次章では注意点を解説します。

4. 無添加の宅配弁当を選ぶ際の注意点

無添加の宅配弁当を選ぶ際の注意点は、下記の2つです。

では、順に解説します。

まずは添加物の健康リスクを理解する

無添加のお弁当を選ぶ前に、そもそも「添加物」を摂取することのリスクを理解しておきましょう。

たとえば、ソーセージやハムなどの加工肉は、大腸がんになるリスクが増すという研究結果があります。

また、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、高血圧や動脈硬化などの心疾患になる可能性を高めてしまいます。

このように、添加物にはさまざまな健康リスクが伴うため、「無添加のもの」を選ぶことは意義があるのです。

無添加でも100%安全なわけではない

ただし、無添加の宅配弁当が100%安全とも言い切れません。

たとえば、添加物は「天然のもの」と「人工のもの」に分類できますが、天然の添加物だから健康にいい、人工の添加物だから健康に悪い、とはならないのです。

もちろん、無添加の宅配弁当は、スーパーやコンビニのお弁当と比べると、安全性が高いです。

しかし、無添加の宅配弁当を食べているからといって、健康リスクが100%拭えるわけではないため、注意しましょう。

5. まとめ

無添加の宅配弁当サービスにおいて、おすすめの4社は以下の通りです。

←横にスクロールできます→

サービス名 FIT FOOD HOME 安心工房 わんまいる ウェルネスダイニング
FIT FOOD HOMEのお弁当 ウェルネスダイニングの宅配弁当
特徴 完全無添加で一流のシェフが監修 無添加で家庭の味を楽しめる 国産食材を100%使用 味付けがしっかりしている制限食

完全無添加の宅配弁当サービスを利用したい場合は、『FIT FOOD HOME(フィットフードホーム)』や『安心工房』で注文するとよいです。

また、添加物を若干使用しているものの、国産食材へのこだわりがある方は『わんまいる』、制限食を探している方は『ウェルネスダイニング』がおすすめです。

なお、添加物を使用しているといっても厚生労働省が認可した量なので、危険なわけではありません。

しかし、リスクを最小限に抑えたい場合は、完全無添加の宅配弁当サービスを利用しましょう。